数学

2013!

さてさてみなさん、こんばんは高橋です。




今週は鷹6の試験がはじまりますね。



今までの勉強の成果が出るといいですね;:゙;`(゚∀゚)`;:゙



他の学校は来週が試験!今回の試験は部活の大会と重なったり大変そうですが、



今できることを精一杯やろう






ところで今日は、去年の卒業生で、

今年大学生になった子が久しぶりに会いに来てくれました


大学やバイトやサークルでとても充実しているようです


楽しそうに学生生活が送れているのをみると、嬉しく思います



是非また来て下さいね!






そうこう言っている間に、2013年も上半期が終わってしまいますね



それはさておき、2013は何の倍数か分かりますか?



2013=3×11×61



なので、3,11,61を使って表せる数の倍数です。例えば33など。




定期試験や入試でこの数字が使われるかもしれませんね




また,倍数判定の方法ですが、



3の倍数:各位の和が3の倍数



なので,今回は


2+0+1+3=6       これは3の倍数である.






それでは、今日はこの辺で。
高橋でした

数学!

さてさてみなさん、こんばんはしりとりが得意な高橋です。



昨日の木口先生のブログにもあるとおり、


今日から中3生との面談が始まりました。


今回の結果をふまえ、今後に活かせる話をします


怖がらないでね






最近高校生の質問にも答えることが多く、改めて数学の面白さを実感します


数式が語ることが理解出来ると楽しいですよね


例えば、中2以上の生徒なら分かると思いますが、


「nを整数とする.

(n-1)+n+(n+1)=3n」

これが何を表しているかというと、


「連続する3つの整数は3の倍数である」


という意味です。数式は絶対です。例外はありません。



数学の楽しさ、美しさが伝わればいいな(笑)


それではまた!

じゃんけんも得意な高橋でした

数学は将来必ず役に立つ!

こんにちは,数学科の執行です。

服部先生の記事を読んでとても共感したので

私も似たようなテーマで書きたいと思います。

 

数学は人生の役に立つのかと問われたら

「100%役に立つ」という自信が私にはあります。

 

よく生徒には

「平方根の計算とかできても何の意味もないじゃん

など言われるのですが,

うん,まぁ,平方根の計算は何の意味もないかもしれないですね。

はっきり言って。

ぶっちゃけると学校のテストでいい点をとるための数学の勉強は,

将来あんまり役に立たない子の方が多いかもしれません。

(受験的な意味では非常に大切ですが。)

 

数学を学ぶうえで何よりも大切なのは解を求める過程

 

私個人の感想ですが,数学の問題を解くという作業は

巨大迷路の中を進んで行くのに似ています。

そのとき,どのようにしてゴールに向かうのか。

中には目の前にある道をただ進んでいく人もいるでしょう。

その正解につながるかどうかもわからない道を

疑いもせずひたすら進めること自体はある意味すごいのですが,

この場合,正解にはたどり着けないことが多いです。

では,どうすればいいのでしょう。

 

答えは簡単。

 

ゴールから逆にたどればいいのです。

 

それを徹底できれば,どんな迷路を進んでいても必ずゴールにたどり着けます。

よく生徒には「目的意識を持って」と言うのですが, 

数学の問題を解くことで培ったこの能力は

社会人として働くようになってから必ず役に立ちます。

合理的な思考は仕事をするうえで非常に大切なのです。

 

しかも,数学の迷路は3次元の立体迷路です。

わかるようになると自分の立っている場所が高くなるので,問題が見晴らせます。

ゴールにたどり着く道なんて一目瞭然。

そうなってくると途端に楽しくなってくるのですよ。

できればみんなにもその楽しさを味わってほしい

そう思いながら日々数学を教えています

 

ちなみに中学数学でこの思考方法を一番伸ばしやすいのは

中学2年生の「三角形の合同の証明」ではないかと思います。

今年は中2の生徒さんをたくさん受けもっているので,

証明の単元にいくのが今から楽しみです

数学っていったい?の巻

どうもはじめまして、来週からゴールデンウィーク突入!と、もうすぐ1つ歳をとってしまう記

念にブログを書こうと思った、服部です。よろしくお願いします。

僕は算数・数学を担当してますが、ここ数年、数学が好きな子がだんだん減ってきたなあ

と思います(さみしい...)。


まあ昔から好きな子が多いわけではないのですが、特にそう感じます。



やはり世間一般でいわれている



「数学って人生に必要あるの?」



「計算だけできればいいじゃん」などなど。



いっそこの世から数学が無くなればいいみたいになってませんか?

それは違います。数学は人が生きていくためにはとっても大切な学問なのです。

分数に分母・分子という言葉が使われていますし、

父と母という漢字にもそれぞれ×÷という計算記号が含まれているじゃないですか。

数学と人は切っても切れないつながりがあります。

ゲームは好きだけど数学は嫌いというあなた!ゲームと数学は同じだと思います。

学校や塾で得た定理・公式(アイテム)を使って問題(敵)を倒していき、

答え(ゴール)にたどり着こうとする所が同じです。

数学をするともっとゲームが楽しくなりますよ。

目標を達成するために色々な事を試し、違ったらまた別の方法を考えて諦めずに挑戦す

るというのは数学によって養われるはずです。




数学
人間を形成させる学問だと思っています。

もっともっと数学に興味をもってください。人としてきっと成長するでしょう。

全然関係ないですけど、数検(数学検定)も受けてみてはどうでしょう(残念ながら武

蔵野進学セミナーでは受験出来ませんが)。


高校受験・大学受験・就職活動などどこかで役に立つかもしれませんから。

もし駄目だったら英検か漢検でも受けてみてはどうですか。(結局宣伝かい!)

英検・漢検は有名でも数検(数学検定)はあまり知られていません。(英検・漢検は1発で

変換出来るのに、数検は変換できない

ちなみに階級は

1級(大学レベル)、準1級(高3レベル)、2級(高2レベル)、準2級(高1レベル)、

3級(中3レベル)、4級(中2レベル)・・・・となります。

いつの日か武蔵野進学セミナーが数検の受験会場になる日を楽しみにしてます。(そんな日がくるのか?)

あと、学校で分からない・家で分からない数学の問題があったら何でも聞いてください。


難しい問題を見るとワクワクしますので。

それではまた機会があれば数学の大切さをお伝えします。

数学を愛して止まない、服部でした。(なんかキモいな)

春の後半2日目!

さてさて、みなさんこんばんは最近足湯にはまっています、高橋です。



春期講習後半が始まっています。

日々の宿題や部活等で忙しそうですが、ほとんどの生徒は時間を見つけて勉強しているようです


いつも春休みの宿題は、提出前日に必死にやっていた生徒も、

今回は今の時点でほとんど終わった、と言っていました

テスト前も学校のワークでいっぱいいっぱいだったのに。。。ちょっと嬉しかったです



それから、どのクラスでもそうなのですが、まだまだ演習不足ですね~

章のまとめテストの結果を受けて、今次の宿題を考えています笑



基本は理解しているので、あとはその使い方


そもそも私の授業では、2通りの授業があります。


①基本(ルール)の定着


②基本(ルール)の使い方 → 得点力!
                つまり、応用問題へのアプローチ


1回の授業に①,②をやることもありますが、原則これを意識しています。


基本(ルール)の定着の最中で、「実際の入試問題(定期テスト)ではこう問われる」と紹介することもあります。


差が出やすいのは②、ある程度の演習量をこなさないとなかなか定着しませんね~



ということで、宿題は、定着させるための必要十分な量を出したいと思います( ̄ー ̄)ニヤリ





それではまた風邪を早く治したい高橋でした!

初日終了!

どうもこんばんは高橋です


というわけで、春期講習初日が終わりました。

中3数学では1つの山場を迎えているようです。公式も増え、考え方も今までにはなかったものでしょう。

ただ、生徒たちにも

「今はまだ、はじめたばかりだから難しい問題は出来なくて良い。出来るようにしよう、と頑張ることが大切だよ」

と言っています。

数学、そもそも科学とは、何かを示したいときに試行錯誤を繰り返しやっと答えを導き出したその積み重ねなのです。

つまり、初めてやったことは上手くいかなくても、どうやったら出来るようになるか考え、今後出来るようにしていく、これが勉強ではないでしょうか。



この春期講習で“勉強”の習慣が付いてくれたらいいなと思っています。

この先まだまだ計算単元が続きます。

基本的なことは何度も何度も繰り返していくので、一つ一つ出来るようにしていこう

それでは、また(* ̄ー ̄*)

その他のカテゴリー